点字つき絵本の出版と普及を考える会 会のあゆみ

2002(平成14年)
岩田美津子さんが、関係各社に声かけをして会が始まる。
第1回会議が4月1日小学館にて開かれる。
2002年〜2006年
毎年2回ずつの会合をもち、点字つき絵本を出していく上での技術上、流通上その他の情報交換や、問題点の交換などするも、特に目立った動きはなし。
2006年(平成18年)
会として何か具体的な行動を起こそう、ということで、いままで、また現在出版されている点字つき絵本と、さわる絵本(点字はなくてもさわれる楽しみや、感触を楽しむ要素がある絵本)を調べてリストを作ることを決める。児童書を出版している約70社にアンケートをとる。
12月
「点字つき絵本・さわる絵本リスト (第1版)」完成!
2007年(平成19年)
2月
子どもたちに人気のキャラクターが主人公の「てんじつきさわるえほん」シリーズ『きかんしゃトーマス なかまがいっぱい』『ドラえもん あそびがいっぱい!』が小学館より刊行される。
11月
長いあいだ品切れになっていたデンマークのさわる絵本、『これ、なあに?』『ちびまるのぼうけん』が偕成社より復刊される。
2008年(平成20年)
4月
絵はさまざまな布を切って貼っている『点字つきはらぺこあおむし』の絵本が偕成社より出版される。
1冊ずつインドで手作りという絵本。
10月
書店と会が協力、ジュンク堂書店池袋本店で「見える人も見えない人も、一緒に絵本を楽しみたい点字つき絵本・さわる絵本」フェアが開催される。リストに載っている絵本50冊以上が並び、新聞等でも話題になる。岩田美津子さんのトークショーも大好評!フェアにあわせて「点字つき絵本・さわる絵本リスト」第2版もできる。このフェアをきっかけに、常設の「点字つき絵本・さわる絵本コーナー」ができ、現在も継続中。
2009(平成21年)
6月
てんじつきさわるえほん『しろくまちゃんのほっとけーき』がこぐま社より出版され、マスコミに数多く紹介され、話題を集める。
8月
教文館ナルニア国で、「ふれあい文庫25周年記念展」に合わせて、「点字つき絵本・さわる絵本」フェアが開催され、小学館、こぐま社の編集担当者が語るギャラリートーク「点字つき絵本ができるまで」が注目を浴びた。 ジュンク堂書店池袋本店と同様に、これをきっかけに同店にも常設の「点字つき絵本・さわる絵本コーナー」ができ、現在も継続中。
2011(平成23年)
7月
夏休みトーハンブックフェアの大阪、京都、岡山、福岡、札幌会場に「点字つき絵本・さわる絵本」のコーナーを出展。
9月
ジュンク堂書店池袋本店で2回目の「点字つき絵本・さわる絵本」フェアが開催される。岩田美津子さんのトークショー「見えない人が感じる絵本の世界」、また子ども向けワークショップ「点字シールやカードをつくろう」も大変にぎわう。「点字つき絵本・さわる絵本リスト」第3版もできる。
2012(平成24年)
「点字つき絵本の出版と普及を考える会」が結成されて10年。10周年を記念して会員である何社かで点字つき絵本を企画中。2012年~13年にかけての同時出版をめざす。
2013(平成25年)
2月
てんじつきさわるえほん『こぐまちゃんとどうぶつえん』(こぐま社)、『ノンタンじどうしゃぶっぶー』(偕成社)、『さわるめいろ』(小学館)3冊が同時出版され、多くのマスコミに紹介される。池袋ジュンク堂で3回目の「点字つき絵本・さわる絵本」フェアが開催され、トークセッションやワークショップも大にぎわい。期間中の売り上げも、いままでにないほどの数となる。
5月
福音館書店が『ぐりとぐら』50周年企画として点字つきさわる絵本版をつくることを発表。
6月
教文館ナルニア国で「てんじつきさわるえほんフェア 広がれ!点字絵本」が、1ヶ月にわたって開催される。関連イベントとして、2月に同時出版された3冊の点字絵本編集者3人のトーク、横浜盲特別支援学校の図書館に、長い間勤務されていた石井みどり先生の講演会「見えない子も、見える子も、いっしょに楽しむ絵本」も開かれ、多くの人を集めた。
11月
てんじつきさわるえほん『ぐりとぐら』(福音館)が、『ぐりとぐら』誕生50周年記念出版の1冊として出版され、話題をよぶ。
2014(平成26年)
2月
ジュンク堂書店池袋本店で4回目の「点字つき絵本・さわる絵本」フェア開催。
教文館ナルニア国で「点字つき絵本・さわる絵本フェア」開催。
てんじつきさわるえほん『さわるめいろ』(小学館)が、「第23回けんぶち絵本の里大賞アルパカ賞」を受賞。
5月
てんじつきさわるえほん『さわるめいろ』(小学館)が「第61回産経児童出版文化賞大賞」を受賞。
7月
『さわるめいろ』が「第48回造本装幀コンクール審査員奨励賞」を受賞。
10月
岩田美津子さんが「毎日社会福祉顕彰」を受賞。
11月
「てんやく絵本ふれあい文庫」30周年記念式典とシンポジウムが、11月14日に三笠宮彬子さまご臨席のもと、大阪市中央公会堂で開かれる。
2015年(平成27年)
1月
『さわるめいろ』(小学館)が、「2015年IBBY障害児図書資料センター推薦図書」に選考される。
小学館より、てんじつきさわるえほん『さわるめいろ2』が発売される。
2月
岩崎書店より、バリアフリーえほん『さわってごらん だれのかお?』『サワッテゴラン ナンノハナ?』『さわってごらん いまなんじ?』復刻版が3冊同時発売される。
銀座教文館ナルニア国にて、「点字つき絵本・さわる絵本フェア」が開催される。
ジュンク堂書店池袋本店にて、5回目の「点字つき絵本・さわる絵本フェア」が開催。2月25日には、元横浜市立盲特別支援学校の石井みどり先生によるトークセッション「見えない子も、見える子も、一緒に楽しめる絵本の世界」を開催。
2月
岩崎書店より、バリアフリーえほん『さわってごらん だれのかお?』『サワッテゴラン ナンノハナ?』『さわってごらん いまなんじ?』復刻版が3冊同時発売される。
銀座教文館ナルニア国にて、「点字つき絵本・さわる絵本フェア」が開催される。
ジュンク堂書店池袋本店にて、5回目の「点字つき絵本・さわる絵本フェア」が開催。2月25日には、元横浜市立盲特別支援学校の石井みどり先生によるトークセッション「見えない子も、見える子も、一緒に楽しめる絵本の世界」を開催。
6月
神戸のジュンク堂書店三宮店で、初めての「点字つき・さわる絵本」フェアが行われる。
11月
静岡県読み聞かせネットワークと静岡図書館のご依頼により「すべての子どもたちに読書の喜びを」をいうテーマで、小学館、こぐま社、偕成社、福音館書店の点字つき絵本の編集担当者が講演。多くの図書館関係者の方に実情を知っていただく。
2016年(平成28年)
2月
ジュンク堂書店池袋本店で6回目の「点字つき・さわる絵本」フェア開催。福音館書店がこどものとも60周年記念出版として『てんじつきさわるえほん ぞうくんのさんぽ』を出版。著者のなかのひろたかさんと福音館書店編集者のトークセッションを開催。
「てんやく絵本ふれあい文庫」(代表/岩田美津子)が、文部科学省・厚生労働省後援 住友生命社会貢献事業『第9回未来を強くする子育てプロジェクト』住生未来大賞、文部科学大臣賞を受賞。
10月
てんじつきさわるえほん『じゃあじゃあびりびり』(偕成社)が出版される。
大阪市立中央図書館で関西初となる「さわって読む絵本展」開催。『さわるめいろ』著者の村山純子さんと小学館編集者、岩田美津子さんのトークショーなどが行われる。同時に、ジュンク堂書店難波店、大阪本店、三宮店でフェアも開催。
点字つき絵本・さわる絵本リスト (第5版)ができる。
11月
浜松市立図書館主催「すべての子どもたちに読書の喜びを」イベントで、小学館、こぐま社、偕成社、福音館書店の編集者が「点字つき絵本ができるまで」を講演。
毎日新聞主催「点字つきさわる絵本を楽しもう!」セミナー実施。偕成社、小学館、福音館書店の編集者が話す。
岩田美津子氏が、第13回本間一夫文化賞を受賞。
2017年(平成29年)
2月
ジュンク堂書店池袋本店で7回目のフェア開催。てんじつきさわるえほん『あらしのよるに』(講談社)を出版。著者のきむらゆういちさんと講談社編集者のトークセッションが行われる。
4月
さわってたのしむ点字つき絵本『かず』『かたち』(ポプラ社)が出版される。
スウェーデンのストックホルムで、国立点字図書館主催の「タックタイルカンファレンス」が開催される。会の元横浜盲特別支援学校図書館司書の石井みどり先生が、日本で出版されている点字つきさわる絵本を携えて参加。好評を得る。
6月
てんじつきさわるえほん『さわってたのしむ どうぶつずかん』(BL出版)が出版される。
茨城キリスト教大学で「さわって読む絵本のおもしろさ!」のイベントが開催され、岩田美津子さん、偕成社、小学館、福音館書店の編集者が講演、同時にワークショップや、点字つきさわる絵本の展示会も行われる。
7月
夏休みトーハンブックフェアの京都、岡山、福岡、札幌会場に「点字つき絵本の出版と普及を考える会」としてブースを出展する。
8月
『さわるめいろ』著者の村山純子さんが板橋区立美術館で2日間にわたって、この絵本についての講義をする。